なんでも屋

ジャンル問わずなんでも気になることを書くブログです!アニメ、漫画、ゲームなどサブカルの話題が多いかも!

未来からやばいロボットが侵略しに来る漫画「誓約のフロントライン」の感想レビュー!!

         f:id:MasatoNeet:20170924161044j:plain

未来からやばいロボットが侵略しに来る漫画「誓約のフロントライン」の感想レビューです!!

あらすじ

アース8730天戸市。統括司令部より<サイ-6>ならびに<タウ-5>へ、最終拠点の消滅を確認。誓約は完遂された。これに伴いアース8731への開戦プロトコイルが発令。両機は直ちに次元跳躍を実行せよ。<タウ-5>了解。<サイ-6>了解。我らの誓約、「人類の抹殺」完遂のため。

困っている人を見るけるのは得意なんだ。けど・・・いざ助けようとするとフリーズしてしまう。それが僕、「綾辻塞」の弱点なんだ。と思っていると目の前のおばあさんを結局助けられなかった。「サイのフリーズ癖なんとかならねぇのかよ」と友達は言う。

落ち込みながらもなんとなくスマホを弄っていると静電気が走りスマホを落してしまう。するとスマホが浮いているではないか!?スマホは辺りの電化製品を取り込み不思議なデバイスへと変化した。そして変なロボットまで出てきて「次元跳躍プロセスおよび時限座標軸チェック完了」とかなんとか言い始めた。さらに「当機の誓約は人類の抹殺であり当機の現行タスクは貴官の抹殺である」と言い銃で襲い掛かってくる。「ちょっと待って!」と塞が言うとロボットは命令を聞いて停止する。スマホに「モールへ到着!」というメッセージが来るとロボットは塞を抱えて飛んでいった。なにがなんだか分からないまま友達と会う。すると今度は30分のカウントダウンが開始してさらにロボットが来るという。塞は偶然手に入れたアナイアレイターを駆使して人類を滅ぼそうとするゼロアースとの戦いを決意する。

これはロボットと戦う漫画だ!

平和な日常に突如、やばい殺戮ロボットが侵略に来る!っていう漫画です。ターミネーターみたいな感じかなぁと思いました。戦い方は仲間になった相手ロボットを駆使して戦う感じです。

なぜ、最初のロボットが言うことを聞くのかと言うと、ロボットはワープした時に跳躍先の物質によって自らを再構成する。その時にスマホを取り込んだせいで自由が利かなくなったからとのこと。持ち主のスマホで命令できるようになりその命令には逆らえなくなった。

ロボットが主体の漫画って少ないような気がします。久しぶりに見ました。

ロボアニメなどが好きな人にはオススメできる漫画です!

キャラクター紹介

綾辻塞(あやつじさい)

             f:id:MasatoNeet:20170924161110j:plain

主人公で緊張するとフリーズしてしまう癖がある。ひょんなことからスマホを改造され世界を救うヒーローになる。

次元穿孔機体サイ-6<アナイアレイター>

         f:id:MasatoNeet:20170924161127j:plain

別次元からやってきた殺戮ロボット。主人公のスマホを取り込んだため主人公の命令を聞くようになる。攻撃方法は銃やビームなど。