なんでも屋

ジャンル問わずなんでも気になることを書くブログです!アニメ、漫画、ゲームなどサブカルの話題が多いかも!

地底を冒険する漫画「メイドインアビス」の感想レビュー!!

       f:id:MasatoNeet:20170912155531j:plain

謎の巨大地下空間を舞台にした漫画「メイドインアビス」のレビューです!

 
 

あらすじ

約1900年前のこと、南海ベオルスカの孤島の巨大な縦穴が発見された。直径約1000メートル深さは今でも分かっていない。特殊な力場が地上からの観測を拒んでいるからだ。観測は人によって行われた。深部から電波船を飛ばし、地上に大穴の様子を届けたのだ。その不可思議に満ちた姿は一攫千金を狙う様々な冒険家を呼び寄せた。大穴に挑む彼らが「探窟家」と呼ばれるようになる頃、表層部の拠点は穴を囲う程のものとなっていた。やがて出来た街が今の我々の住むオースの原型と伝えられ・・・。

大穴には魔力があった。その魔力が人々を捕らえて離さないのである。大穴のそこを見た者はまだ誰もいない。貴重かつ危険な原生生物たち。理を超えた不可思議な遺物。奈落の果てに眠るという黄金郷・・・。それらすべてが1900年もの昔から今に至るまで人々を誘い駆り立ててきた。未知へのロマンと数多の伝説を餌にその名にふさわしい数の人々を呑み込んできた大穴・・・。大穴の名は「アビス」という全て踏み明かされたこの世界の唯一最後の深淵である。

大穴の周辺に作られた街「オース」。そこの孤児院に暮らすヒロイン「リコ」。母親はアビスに行ったきり帰ってこない。ひょんなことから単独への探窟でアビスに行くことになったリコ。準備を整えていざ潜入。順調に降りて行くも、超巨大生物「ベニクチナワ」と遭遇してしまう。普段はもっと深いところにいる生物だ。二人は絶対絶命という時に謎のレーザービームがベニクチナワを貫通する。レーザーが照射された方向に行くと謎の少年が横たわっていた。しかも彼はロボットだった。そしてリコは言う。「この子・・・どこから来たの?」

これは地底探検漫画だ!

まだ12歳と幼いヒロイン「リコ」が母を捜すために地底への冒険に行く漫画だ!ただ探しに行くと言ってもリコはまだ幼いので深いところには行けない。どんどん掘り下げていく過程がとてもおもしろいと思いました!

なんといっても良いのが舞台と背景!大自然と謎が多くインディ・ジョーンズを見てる気分になりますね!

あと絵が素晴らしいですね。絵のタッチが絵本のようでおとぎ話を見ているような雰囲気です。独特でおもしろい!

元々は同人誌の企画だった!?

巻末コメントに書いてありました。1巻の内容は3話で収まる予定だったとか。

キャラクター紹介

リコ

          f:id:MasatoNeet:20170912155603j:plain

金髪ツインテールでメガネ属性。さらに金髪と萌え要素を満たしている。母は有名な探掘家である。

レグ

     f:id:MasatoNeet:20170912155751j:plain

リコを助けたロボットの少年。記憶喪失でなにも覚えていない。全てが謎である。

リコのメガネとった姿

       f:id:MasatoNeet:20170912155836j:plain

かわいい